遺言

 
遺言は、自分の死後にも自分の意思を伝えるものですが、遺産の相続方法について明確に示しておくことで、相続を巡る親族間の争いを未然に防ぐことができます。
よく使われる遺言の方法には2種類あります。

(1) 自筆証書遺言

遺言者が自分で作成する方法です。
自分で遺言の内容をすべて手書きし、日付・氏名を書いて、署名の下に押印します。
自筆証書遺言は、その遺言を発見した人が、必ず家庭裁判所に持参して、その遺言を検認するための手続きを経ねばなりません

(2) 公正証書遺言

遺言者があらかじめ原稿を作っておくか、公証人の前で口述した内容を、公証人が正確に文章にまとめ、公正証書遺言として作成します

原本が必ず公証役場に保管されるので、遺言書の破棄や隠蔽・改ざんの恐れもなく安心できます。

遺言者が高齢や病気等で、公証役場に出向くことが困難な場合は、公証人が遺言者のところへ出張して、公正証書遺言を作成できます

※公正証書遺言作成には、法律で定められた費用が必要です。

人間はいつ何時、何があるかわかりません。いつ何があっても、残された家族が困らないように配慮して、遺言書を作成しておくことが家族への思いやりです。 自分に判断能力があるうちに、自分の意思で財産の配分を定めておくと、遺産を巡っての親族間の争いを未然に防ぐができます。

遺言書は一旦作成しても、状況の変化に応じて、いつでも自由に訂正や撤回ができます。 但し、新しい遺言書も適切な方法で作成せねばなりません。

予約バナー相続問題の早期解決は弁護士への相談が近道です
高の原法律事務所奈良の相続・遺言相談所ImgLS7 (1).jpg法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

 クリックすると拡大されます

高の原の女性弁護士のブログ

お気軽にご相談ください

どんな事件でも、すぐに法的な裁判をすればよいというものではありません。本人の状況や気持ちを尊重しながらも、何が事件解決に最良の方法かを探っていきます。
そして、納得のできる結果に向けて、一緒に伴走する弁護士でありたいと思います。高の原法律事務所では、「笑顔で帰ってもらう」ということをコンセプトに、女性らしい優しく暖かみのある事務所つくりを目指しております。

0742-81-3677 受付時間 9:00~18:00(土曜日応相談)
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

メニュー

相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決 あなたに笑顔と安心を 奈良の相続・遺言相談 高の原法律事務所 〒631-0805 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階

モバイルPC

Copyright © 2011 相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決/高の原法律事務所 All Rights Reserved.