解決実績と事例

相続

兄弟間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をしたBさんの事例

遺言執行者の弁護士から、遺産の全額を姉夫婦に相続させるという内容の相続手続きを行うという通知が届いたDさんの事例

 

養母と養子間で遺産分割の協議が整わないため遺産分割調停申立をされたCさんの事例

両親の遺産相続の時に遺産分割協議の調停を経験して、自分の相続については揉め事をなくそうとして、公正証書による遺言を作成されたEさんの事例

 

 

高齢者問題

成年後見の申立の事例

財産管理の事例

任意後見の事例

成年後見監督の事例

遺産分割の方法

matusima0005.png  
相続問題では、本人が法律や裁判実務を知らずに動いてしまったために、複雑に糸が絡まることがあります。まずは、弁護士にご相談下さい。
 
「兄が法定相続分通りに遺産を分割してくれない
遺産分割協議書に押印を求められたが、納得できない」
遺言書の内容に納得できないので、どうにかしてほしい」
「亡くなるまで自分が親の面倒を見て、兄弟は何もしなかったのに、
 取り分を言ってくるのが納得できない
」 
相続問題は、親が亡くなった時に突然、表面化します。
 
しかし、慌てて不用意に動いてしまったり、当人同士が主張をぶつけ合うと、絡まった糸を引っ張った時のように、
かえって収拾がつかなくなり、数年とか10年以上も対立したまま、ということにもなりかねません。
 
そのような状況になる前に専門家から客観的なアドバイスを受け、早期解決を図られることをお勧めします。
 
特に、相続人間にそもそも揉めやすい人間関係がある場合、例えば、異母兄弟ないし異父兄弟がいる時
相続人が後妻と先妻の子である時相続人である子の内に非摘出子つまり婚姻外で生まれた子がいる時などは、泥沼化の可能性が高いと言えます。
 
また、調停や裁判になった場合でも、法律を知らずに、単に自分の主張を展開するだけでは、調停委員も裁判官も味方してくれません。
 
法律を知った上で、適切な主張を展開することが、自分の利益を守り、幸せな生活を確保することになります。
 
相続の方法の原則は法律で定められていますが、実務上は原則通りでないことも多々あり、これらは経験の蓄積がないと理解しづらいところです。
 
当事務所では相続・遺産分割に、特に力を入れて情報やノウハウの蓄積に努めており、皆様により
幸せな「相続」をして頂けるようにご提案していますので、お気軽にお問合せ下さい。
 

遺産分割の方法について

matusima-egao0004.png  
①遺言があれば、遺言通りに相続する
 
②遺言がなければ、法定相続分通りに相続する
 
しかし、実際には、遺言書があっても「納得できない」とか、
「遺留分を求めたい」「認めない」というようなことで争いになります。
また、日本ではまだまだ遺言書がない場合も多く、法定相続分どおりに分けることについて相続人間で
不平や不満があり、それが「寄与分」や「特別受益」という形で出てくることもあります。
 
これらの遺産分割問題を解決する方法は、以下の流れになります。
 

(1)遺産分割協議

当事者(もしくは代理人弁護士)による交渉
      

(2)家庭裁判所での遺産分割の調停

    

(3)家庭裁判所での遺産分割の審判

当事者間の話し合いがこう着状態となり、感情的な対立はますます激しくなり、いわゆる「泥沼化」するケースも見受けられます。
「泥沼化」する前に、法律の専門家から調停や審判を見越したアドバイスを受けることで、打開策が見出せることがあります。
 
調停や裁判になった場合でも、法律を知らずに、単に自分の主張を展開するだけでは、調停委員も裁判官も味方してくれません。
法律を知った上で、適切な主張を展開することが、自分の利益を守り、幸せな生活を確保することになります。
 
また、遺産分割に先立って「相続人の確定」と「遺産の確定」をしておくことは極めて重要です。
 
相続人を見落としたりすると、いくら話し合って遺産分割が成立しても、無効になってしまったり、贈与税が生じたりします。
できれば、「相続人の確定」「遺産の確定」段階から、専門家に相談しておく方が間違いがないと思われます。

弁護士による法律相談

法律相談

「遺産分割で争いになっている」
「遺産に借金がある」
「遺言書に兄が全財産を引き継ぐよう書かれているけど、どうにかできないか」
「離れてたところに住んでいる親の認知症が心配」
「相続税の節税の仕方を教えてほしい」
「遺言書の正しい書き方が知りたい」

相続の法律問題でお困りのことがございましたら、
お気軽にご相談下さい。
当事務所には毎日多くのご相談がよせられます。
もしあなたがトラブルを抱えている場合、または、守りたい利益がある場合は、お気軽に当事務所へご相談ください。
相続・遺言・高齢者問題に関する初回のご相談(ただし30分以内)は無料です
※なお、電話・メールでの法律相談は行っておりません。ご来所頂いた上でのご相談のみとさせて頂いております。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください!

高の原法律事務所が選ばれる理由

弁護士と聞くとなんだか怖い、怒られてしまいそうというイメージがありますが、当事務所は女性弁護士が代表を務める事務所です。女性の感性を活かした女性目線の相談しやすい事務所つくりをしております。男性も女性も安心して相談に来ていただけます。

所長弁護士の坪田はファイナンシャルプランナーの資格も保有していますので、相続税や資産運用についてもご相談いただけます。また、他士業とのネットワークも組んでおりますので、専門分野以外の問題も、ネットワークを活用し、トータルサポートできます。

通常弁護士は裁判所に近いところに事務所に構えますが、当事務所は相談に来られる方の利便性を重視し、最寄り駅から徒歩2分のところに事務所を構えました。また、車で来られる方のために、駐車場も完備しております。お気軽にご相談ください。

高の原法律事務所 (奈良弁護士会所属)


事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

お客様の声

解決事例

相談の流れ

アクセス

  写真.PNG
     


予約バナー相続問題の早期解決は弁護士への相談が近道です
高の原法律事務所奈良の相続・遺言相談所ImgLS7 (1).jpg法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

 クリックすると拡大されます

高の原の女性弁護士のブログ

お気軽にご相談ください

どんな事件でも、すぐに法的な裁判をすればよいというものではありません。本人の状況や気持ちを尊重しながらも、何が事件解決に最良の方法かを探っていきます。
そして、納得のできる結果に向けて、一緒に伴走する弁護士でありたいと思います。高の原法律事務所では、「笑顔で帰ってもらう」ということをコンセプトに、女性らしい優しく暖かみのある事務所つくりを目指しております。

0742-81-3677 受付時間 9:00~18:00(土曜日応相談)
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

メニュー

相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決 あなたに笑顔と安心を 奈良の相続・遺言相談 高の原法律事務所 〒631-0805 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

モバイルPC

Copyright © 2011 相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決/高の原法律事務所 All Rights Reserved.