• HOME
  • 相続Q&A
  • 亡くなった人と愛人との間の「子」は相続人になれますか?

亡くなった人と愛人との間の「子」は相続人になれますか?

 

 

亡くなった人が、愛人の子を認知していれば、法律上の親子関係がありますので、相続人になれます。ただし、妻の子がいれば、その子は「嫡出子」、愛人の子は「非嫡出子」となり、民法では法律上の相続分が嫡出子の半分とされていました。

もっとも、愛人の子にとっては、このような差別は全く生まれながらの身分での差別であるから、平成25年9月4日に最高裁で、この民法の規定は法の下の平等に反するとして、この民法の規定が憲法違反という判決が出ました。その後、民法は改正されました。

したがって、現在は、愛人の子であっても、妻の子と同じ相続分の主張ができるようになっています。

お気軽にご相談ください

どんな事件でも、すぐに法的な裁判をすればよいというものではありません。本人の状況や気持ちを尊重しながらも、何が事件解決に最良の方法かを探っていきます。
そして、納得のできる結果に向けて、一緒に伴走する弁護士でありたいと思います。高の原法律事務所では、「笑顔で帰ってもらう」ということをコンセプトに、女性らしい優しく暖かみのある事務所つくりを目指しております。

0742-81-3677 受付時間 9:00~18:00(土曜日応相談)
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

メニュー

相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決 あなたに笑顔と安心を 奈良の相続・遺言相談 高の原法律事務所 〒631-0805 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階

モバイルPC

Copyright © 2011 相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決/高の原法律事務所 All Rights Reserved.