• HOME
  • 解決事例
  • 遺言書作成
  • 不治の病を自覚して公正証書遺言を作成し、遺産相続での混乱や争いを防止しようとした事例

不治の病を自覚して公正証書遺言を作成し、遺産相続での混乱や争いを防止しようとした事例

 

●背景

  Aさんは病気で入院し、余命が長くないことを自覚されました。Aさんには娘が二人(Bさん、Cさん)いて、Cさん家族と同居しています。Bさんは結婚して家を出ていますが、これまでに事業の費用や土地の購入、生活費などで多額の援助をしていました。

  Aさんにとって自宅は亡くなった妻と一緒に働いて得たものであり、自分の死後も引き継がれることを望まれていました

  Aさんは自分が希望する形で、しかも相続人間で争いが起こらないようにするために遺言書を残しておきたいと思われました。

Aさんの意向を受けてBさんが来所され弁護士に相談されました。弁護士は、公正証書遺言を作成することを勧め、AさんはBさんの話を聞かれた後、公正証書作成を弁護士に委任されました。

 

 

●弁護士の関わり

  弁護士はAさんから財産に関する資料を預かり、Aさんの財産を精査しました。又、過去のBさんに対する援助についても、時期や金額を特定するための資料を集めると共に、Aさんから聞き取りをしました。

  弁護士は、Aさんの希望である自宅と先祖をお祀りする祭祀権をCさんが相続することを主眼に、遺産分割案を作成しました。過去のBさんへの援助をBさんの特別利益と考え、Bさんの遺留分も考慮して金融資産の分配率を決定しました。

  弁護士は公正証書遺言の原案を作成し、Aさんの了解を取り、公証役場に公正証書作成を依頼しました。Aさんは病院から外出できない病状であったので、公証人に病院までの出張を依頼しました。弁護士も証人と共に同席して、公正証書遺言作成に立ち会いました

 

 

●弁護士の所感

  Aさんは自分の死を自覚され、自分の遺産相続に自分の意思を反映させたいと考えられました。このような時には、法的な効力を持つ公正証書遺言が適切です。弁護士が関わることにより、遺産相続の際に起こる可能性のある問題にあらかじめ対処しておくことができます。

  不動産を特定の人に残したいときに、金融財産の分配の比率で調整することができます。又、生前の相続人への贈与を特別受益としてきちんと書き留めることにより、遺産分割の公平性を保つことができます。

  更に、遺言執行者を弁護士と指定することにより、遺産が間違いなく分配されることが担保できます。

  身体的な都合で、自分が公証役場に行くことができない場合、少し費用は必要ですが公証人に出張してもらって公正証書遺言を作成することも可能です。

  自分の遺産を巡っての子供たちや親族間の争いを避けるために、公正証書遺言を作成しておくことは非常に重要なことです。

 

 

 

解決事例

kousyou tyoutei saiban iryuubun souzokuhouki
yuigonsyosakusei yuigonsikkou seinennkouken ninnikouken sonota
kousyou tyoutei saiban iryuubun souzokuhouki
yuigonsyosakusei yuigonsikkou seinennkouken ninnikouken sonota

弁護士による法律相談

法律相談

「遺産分割で争いになっている」
「遺産に借金がある」
「遺言書に兄が全財産を引き継ぐよう書かれているけど、どうにかできないか」
「離れてたところに住んでいる親の認知症が心配」
「相続税の節税の仕方を教えてほしい」
「遺言書の正しい書き方が知りたい」

相続の法律問題でお困りのことがございましたら、
お気軽にご相談下さい。
当事務所には毎日多くのご相談がよせられます。
もしあなたがトラブルを抱えている場合、または、守りたい利益がある場合は、お気軽に当事務所へご相談ください。
※なお、電話・メールでの法律相談は行っておりません。ご来所頂いた上でのご相談のみとさせて頂いております。

法律相談

「遺産分割で争いになっている」
「遺産に借金がある」
「遺言書に兄が全財産を引き継ぐよう書かれているけど、どうにかできないか」
「離れてたところに住んでいる親の認知症が心配」
「相続税の節税の仕方を教えてほしい」
「遺言書の正しい書き方が知りたい」

相続の法律問題でお困りのことがございましたら、
お気軽にご相談下さい。
当事務所には毎日多くのご相談がよせられます。
もしあなたがトラブルを抱えている場合、または、守りたい利益がある場合は、お気軽に当事務所へご相談ください。
※なお、電話・メールでの法律相談は行っておりません。ご来所頂いた上でのご相談のみとさせて頂いております。

どんな些細なことでもお気軽にご相談ください!

高の原法律事務所が選ばれる理由

弁護士と聞くとなんだか怖い、怒られてしまいそうというイメージがありますが、当事務所は女性弁護士が代表を務める事務所です。女性の感性を活かした女性目線の相談しやすい事務所つくりをしております。男性も女性も安心して相談に来ていただけます。

所長弁護士の坪田はファイナンシャルプランナーの資格も保有していますので、相続税や資産運用についてもご相談いただけます。また、他士業とのネットワークも組んでおりますので、専門分野以外の問題も、ネットワークを活用し、トータルサポートできます。

通常弁護士は裁判所に近いところに事務所に構えますが、当事務所は相談に来られる方の利便性を重視し、最寄り駅から徒歩2分のところに事務所を構えました。また、車で来られる方のために、駐車場も完備しております。お気軽にご相談ください。

point1

弁護士と聞くとなんだか怖い、怒られてしまいそうというイメージがありますが、当事務所は女性弁護士が代表を務める事務所です。女性の感性を活かした女性目線の相談しやすい事務所つくりをしております。男性も女性も安心して相談に来ていただけます。

point2

所長弁護士の坪田はファイナンシャルプランナーの資格も保有していますので、相続税や資産運用についてもご相談いただけます。また、他士業とのネットワークも組んでおりますので、専門分野以外の問題も、ネットワークを活用し、トータルサポートできます。

point3

通常弁護士は裁判所に近いところに事務所に構えますが、当事務所は相談に来られる方の利便性を重視し、最寄り駅から徒歩2分のところに事務所を構えました。また、車で来られる方のために、駐車場も完備しております。お気軽にご相談ください。

高の原法律事務所 (奈良弁護士会所属)


事務所紹介

弁護士紹介

弁護士費用

お客様の声

解決事例

相談の流れ

アクセス

  写真.PNG
     


予約バナー相続問題の早期解決は弁護士への相談が近道です
高の原法律事務所奈良の相続・遺言相談所ImgLS7 (1).jpg法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

 クリックすると拡大されます

高の原の女性弁護士のブログ

お気軽にご相談ください

どんな事件でも、すぐに法的な裁判をすればよいというものではありません。本人の状況や気持ちを尊重しながらも、何が事件解決に最良の方法かを探っていきます。
そして、納得のできる結果に向けて、一緒に伴走する弁護士でありたいと思います。高の原法律事務所では、「笑顔で帰ってもらう」ということをコンセプトに、女性らしい優しく暖かみのある事務所つくりを目指しております。

0742-81-3677 受付時間 9:00~18:00(土曜日応相談)
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

メニュー

相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決 あなたに笑顔と安心を 奈良の相続・遺言相談 高の原法律事務所 〒631-0805 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階

モバイルPC

Copyright © 2011 相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決/高の原法律事務所 All Rights Reserved.