特別受益とは 

matusima0005.png  
相続人の中に生前に贈与を受けていたり、遺言書により多くの遺産を
受け取る
人がいる場合、「特別受益者」として法定相続分から取り分を減らす
処理
をしなければなりません。
 
これを特別受益の「持ち戻し」と言います。(ただし、さらに例外的に、この持ち戻しが免除される場合があります~遺言がある場合など)

事例 遺産総額: 4,000万円

・相続人  : 子(兄、弟、妹)の3人
・妹は生前に、新居購入の頭金として500万円出してもらっている
 
この場合、遺産総額の4,000万円と事前に贈与された500万円の合計、4,500万円が相続の対象となります。
 
つまり、4,500万円×1/3=1,500万円が各人の最終的な受取額となります。
 
兄 1,500万円
弟 1,500万円
妹 1,000万円+500万円(特別受益=贈与分)
 
特別受益があるときの相続額の計算方法は下記の通りです。
 

特別受益者以外の相続人の相続額の算出方法

(相続時の遺産総額+特別受益の額)×法定相続の割合
 

特別受益者の相続額の出し方

上記で算出された相続分-特別受益の額

matusima-egao0004.png  
「相続人の中に、生前に贈与を受けている者がいるにも関わらず、それが考慮されず不平等だと感じている」
「特別受益のある相続人がいるので、交渉したい」
といったご相談をよくお受けします。
 
特別受益については複雑な問題をはらんでいる場合がありますので、弁護士へご相談されることをお勧めします。


相続・遺言に関してさらに詳しく知りたい方はこちら

相続の流れ


遺産分割の方法


寄与分とは


遺留分について

相続と相続放棄


法定相続人とは


特別受益とは


遺留分減殺請求について

 

予約バナー相続問題の早期解決は弁護士への相談が近道です
高の原法律事務所奈良の相続・遺言相談所ImgLS7 (1).jpg法律相談のご予約accessmap

〒631-0805
奈良市右京1丁目4番地
サンタウンプラザひまわり館3階

高の原駅徒歩2分 駐車場完備

 クリックすると拡大されます

高の原の女性弁護士のブログ

お気軽にご相談ください

どんな事件でも、すぐに法的な裁判をすればよいというものではありません。本人の状況や気持ちを尊重しながらも、何が事件解決に最良の方法かを探っていきます。
そして、納得のできる結果に向けて、一緒に伴走する弁護士でありたいと思います。高の原法律事務所では、「笑顔で帰ってもらう」ということをコンセプトに、女性らしい優しく暖かみのある事務所つくりを目指しております。

0742-81-3677 受付時間 9:00~18:00(土曜日応相談)
  • 電話でのお問い合わせ
  • メールでのお問い合わせ

メニュー

相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決 あなたに笑顔と安心を 奈良の相続・遺言相談 高の原法律事務所 〒631-0805 奈良市右京1丁目4番地サンタウンプラザひまわり館3階

モバイルPC

Copyright © 2011 相続、遺言、遺産分割、成年後見、任意後見などに関するお悩みを弁護士が解決/高の原法律事務所 All Rights Reserved.